給料アップ交渉は本当に出来るの?

転職する際、重要視する内容の1つに給料があります。
これは、とても大切な事です。

 

看護師の給料というのは、正看護婦か准看護婦かによっても給料に差がありますが、
働く職場によっても、かなり大きく変わってきます。

 

公立病院の場合、年功序列や派閥がある職場が多く、古い体質の職場が多いのがデメリットですが、
給料や身分が安定しているので、比較的に恵まれているといえます。

 

転職する際に、前職場での給料というのは、必ず聞かれる項目の1つです。
これは、前職場での給料を参考に、基本給を決定する、という病院が多い為です。

 

公立病院のように、経験年数により、給料が決められている職場は別ですが、
個人病院や私立病院などの場合は、給料が決められていないので、交渉次第で、かなり変わってきます。
公立病院の場合でも、経験年数に換算されないパートやバイトが多かった場合、
職務経験などをアピールする事により、基本給に反映される事もあります。

 

年収に換算すると、かなりの差が出る為、事前に給料アップの交渉をしない、というのは、かなり勿体ない話です。

 

看護師求人情報サービスでは、担当のコンサルタントが、給料アップの交渉を代理してくれるので、
利用する事をおススメします。