転職してから分かる職場のデメリット

給料面、休日、残業、業務内容など、看護師が転職を希望する理由は、人それぞれ違いがありますが、
最も多いのは、人間関係が原因しての転職です。

 

看護師は女性が多い為、結婚や出産などの生活環境の変化を機に、転職する場合は仕方がありません。
しかし、それ以外の理由で転職をする場合は、転職先にメリットがなければ、
転職する意味がないと言えます。
実は、せっかく転職をしても、条件がさらに悪くなり、悩みが大きくなってしまった、
というケースが多いんです。

 

例えば、大学病院から公立病院へ転職をした例をあげてみましょう。

 

最新の医療が学べるというメリットはありますが、残業が多く、休日も少ない、大学病院での業務、
そこから、給料も安定していて、休みが多い、公立病院に転職をした場合です。

 

せっかく安定した公立病院に転職したのに、転職先は、古い体質の病院の為、派閥やイジメのある、人間関係が最悪だった、というパターンもあります。

 

これは、事前に転職先の職場情報を調べなかった事が原因です。
転職してから職場のデメリットを知る事はとても多いんですが、
それでは手遅れです。
事前に職場情報を調べる事が、どんなに大切か、という事が良くわかります。